自我(エゴ)の扱い方を知り、上手に付き合うには


ステップ1 エゴとは

ELL92_yorunotakibi_TP_V

エゴとは、

刺激に対して、反応(価値判断)することによって

その奥にある、愛を体験させてくれるものです。

 

エゴは、過去の習慣や思考パターンによって構成される為、

「自己防衛のために、どのように行動すれば最適なのか」を

瞬時に価値判断し、反応を引き起こします。

心理学的には、エゴとは思考であり、(間違った)記憶であるとも言えます。

 

反応とは、過去からの思考や行動の癖であり、

今のあなたが望む結果につながらない場合が多々あります。

 

なぜなら、エゴが未熟だからです。

エゴ=本音、という言い方もできます。

 

本音は、素直に自己表現することと、周りからのフィードバックによって

育てることができますが、

 

自分の本音(エゴ)を隠し、表面的にいい人を演じて生きてきた場合、

いざというときの決断や判断は、幼く未熟なエゴの影響を多大に受けてしまいます。

(参考記事)自己開示とフィードバック

 

幼いエゴを持っていると、表面的には大人だとしても、

未成熟な人間としての空気感が漂います。

 

エゴは、自分をみてもらえないと

「私をみないと怒るぞ〜!わたしの本当の姿はこんなんだよ〜!わたしをみて!」

と言い出して、爆発してしまいます。

 

今までは我慢できていたものが、我慢できなくなってしまっている時は

きちんと自分のエゴを見つめ、現状の幼さを受け入れ

エゴ(本音)を育てていく必要があるからです。

 

エゴは、外的な刺激によって反応するため、

あなたのエゴを反応させる人は、

あなたのことをあなた以上に大切に思っている人です。

でないと、わざわざあなたに嫌われるような役を演じてくれません。

(参考記事)ドラマ

 

逆もしかりで、あなたにエゴをぶつけてくる人は

あなたを通じて、エゴを育てようとしている人なので、

愛から見守ってあげてください。

その際、あなたが傷付いたり、相手を傷つける(逆撫でる)必要はありません。

 

要チェック!! 

その際、「人の動機は100%愛」であるため、

「エゴの先には、必ず愛がある」ということを覚えておいてください。

 

 ステップ2 愛に着目する

PAK86_miagerebamidori1226_TP_V

エゴに着目するのではなく、その先にある愛に着目してください。

エゴの先に、あなたが一番欲しかった感情、体験が待っています。

エゴとは、愛に到達するための扉のようなものです。

扉を開かなければ、愛には到達しませんし、

扉を開くには、二人以上のあなたを愛する存在が必要です。

エゴをないことにせずに、きちんと見つめていきましょう。

また、あなたの現段階のエゴを知ってくれるグループと深く関わり、

「今のわたしのエゴは、こういう時に反応するから、反応してたら言ってね」と

伝えておけば、安心してエゴを育てることができます。

 

エゴは、自己防衛の為の価値判断を生み出すので

「○○しなければならない」
「○○でなければならない」
「○○でなければおかしい」

などといった反応を呼び起こしますが、

その際、一呼吸おいて、愛からエゴを見つめると

「わたしは、○○したいと思っているんだ」という隠れた本音を

愛の視座から、自分のエゴを見直すことができます。

 

この世界に、「○○でなければならない」ということは存在しません。

「わたしがこうしたいと思っている」ことは存在しますが

それを周りの人に押し付けると、いくら世間的に正しい意見だとしても

正義からのジャッジ(裁き)は、次のジャッジ(裁き)を生み出してしまいます。

 

要チェック!!

戦いを生まないためには、

「どっちでもokだけど、わたしはこれが好き。あなたも素敵だね」

という優しい基準を持つことがオススメです。

 

また、エゴをきちんと把握することも重要です。

「なんとなく」という概念を、定義の深堀を行うことで

明確にすることも行ってください。

 

(参考文章)抽象的な感覚を手放して、相手や世界との一致感を選択する

 

 

ステップ3 エゴの特徴

ELFAKYUDSC06359_TP_V

1.自己中心的 → call for love、自己犠牲、自己主張

2.基本ネガティブ → 欠乏感、無気力、抑圧

3.攻撃的(自責 or 他責)→ 自己防衛、コントロール、投影

4.没個性で、過去から物事をみている → 変化をこばむ、不信、恐れからの逃避

5.矛盾している → すべて逆をしている。

 

 

要チェック!!

エゴが湧いてきたら、エゴをどうこうしようとせずに、

ぼーっと、眺めてみてください。

「あぁ、わたしこういうところで、こんな風に反応するんだなぁ」って。

そして、気持ちを落ちつけて、本当にとりたい行動をとっていきます。

 

最後に、エゴから脱却するシンプルな言葉があります。

「それもまたよし」

もし、エゴに飲まれて、愛が見えなくなった時はこうつぶやいてみてください。

 

エゴというのは、一生涯なくなりません。

エゴを消そうとするのは不可能です。

エゴとどのように付き合っていくのかを考えてみてください。

 

エゴとは、あなたが愛に気づく為に存在する、愛の片割れです。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です