選択と集中


 

成果は、集中によってあげられる。

集中すべきは、強みである。

 

「何を廃棄し、何に集中するか」

成果を生み出すのは、すでに持っているものによってであり、

持っていないものによってではない。

 

「今の市場で、No.1かNo.2になれる可能性以外のものはアウトソーシングする」

「もし、今の事業を手がけていなかったとしても、それを始めるのか」

というドラッカーの名言は、ビジネスにおいての判断材料になる。

 

どのような目標に対し、誰が、いつ、どのように実行するのか。

重要なのは、意志決定をしたのちに、実際に、「人間が行動すること」である。

ミッションを実際の行動に転換することで初めて、意味をなす。

自分はいかなる成果について責任を持つのか

自分達は、どのように覚えられたいのか

人の強みを成果に結びつけ、

弱みを意味のないものにすることが組織の役割であり、

組織の価値は、この一事によって決まる。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です