ライティング


 

ライティングとは、

業とクライアントの新しい関係を作るための橋渡しである。

 

言葉によって、クライアントの感情を動かし、

クライアントの新しい人生や未来を想像させる物語を語る。

 

いつ、どんな人(クライアント)が、どんな風に使えばいいのかがイメージでき、

それが競合にはない、新しいものであることが重要である。

 

本当にいいコピーとは、万人に伝わるものではなく、

想定されるターゲットに「自分に関係ある話だ」と感じさせ

その後、行動を起こさせるものである。

 

そのためには、ターゲットの悩みや望み、感情の動きを把握し

「自分たちはこんな素晴らしい商品を持っていますよ」ではなく

「あなたたちのこんな悩みを解決できますよ(望みを実現できますよ)」という

メッセージを心がける。

 

商品だけを見てつくったライティングは、盲目的になる。

ターゲットの欲求や不満、不安に思いをはせて

商品の必要性を感じてもらえるシチュエーションを想像・体験させることで

ターゲットの好奇心をくすぐりながら

今の生活にはない、新しい価値を取り入れることへの許可を引き出していく。

そのためには、ターゲットのライフスタイルを疑似体験したり

実際に接する機会を増やすことで、理解を深めていくことが必要になる。

 

ライティングができたら、ターゲットの目線からもう一度見直してみる。

この人は、自分を理解してくれているだろうか。

この人の商品は、自分をよくしてくれるだろうか。

 

ライティングを通じて、顧客と事業の橋渡しを行うのが

ライターの仕事である。

 

 


吉武大輔の最新のインスピレーションを受け取る方は、こちらのフォームへのご登録をお願いいたします。