次世代のコミュニティ

%e5%90%89%e6%ad%a6%e5%a4%a7%e8%bc%94%e3%80%80%e3%81%b2%e3%81%99%e3%81%84%e3%81%93%e3%81%9f%e3%82%8d%e3%81%86

 

次世代のコミュニティつくりについて考察中。。

 

・対話が行われていること
→ 常に、本音の自己開示とフィードバックが行われおり、場の力を認識していること

・拠点があること
→ 集い、語り、食事を共にできる場所

・バイブルがあること
→ 理念やビジョン、方向性などがまとまっている書物

・伝道師がいること
→ 理念やビジョンを伝える人々

・規約に対する柔軟性が高いこと
→ 固定化せず、変化し続ける組織に柔軟に対応できる構成員

・参加型であること
→ トップダウンではなく、カオスから生み出される参加型

・平均化ではなく、個性化
→ それぞれの強みを活かし合い、弱みを補填しあうコミュニティ

・リスクを共有すること
→ 時間や金銭を共有し続けること

 

(音声で話していない追加分)

・自分を大切にする、自己愛を互いに尊重しあう
→ プロジェクトを起こすときは、まず自分の受け取りたい喜びを明確にし、共有する
→ それを絶対に確保した上で、 自分・コミュニティ・社会と循環させていく

<参考記事>

従業員はほぼ全員ボランティア!ロンドン発、地域をつなぐ未来型スーパー「The People’s Supermarket」