光と闇のはなし


 

とある場所で、こんな話がされていました。

 

「ねぇねぇ、僕は、僕であることを体験したいんだ。

僕は、僕が光であることを理解できたんだ。

でも、知っているだけじゃ分からないんだ。

僕は、体験したいんだ。僕が光であることを。」

 

『わかったよ。じゃあ僕が、協力するよ。

君が光であることを体験するために、僕が闇になろう。

光ではない僕と出会い、僕を感じることで、

君は光であることを体験できるよ。』

 

「それは素晴らしいね。どうもありがとう。

君が闇であることで、

僕は光である自分を体験することができるんだね。

僕らは、元々一つだから、

きっとお互いを愛おしく感じることができるよ。」

 

『うん、そうだといいね。でもね、

きっと光になった君は、闇である僕を恐れるだろう。

なぜならば、闇と光が一つであることを思い出してしまえば、

君は光だけではいられなくなってしまうから。

君は、僕を否定することで、光であり続けることを体験できるんだよ。』

 

「え、そんなの嫌だよ。僕は、君が大切で、僕は君じゃないか。

じゃあ、僕が闇になるよ。

そうしたら、君が光であることを体験できるんだよね?」

 

『うん、そうだよ。でもね、僕たちは光でも闇でも、関係ないんだよ。

今こうして一つであることを知り、

一つとして存在している僕らは

常に完璧であることで、完璧ではなくなってしまったんだ。

光も、闇も、結局は仮の姿であり、

僕らはただ、存在する存在であるんだ。

それを一旦忘れ、そして、互いを否定し、愛し合うことで

またこの矛盾の中にある「愛」という存在を思い出していくことに

宇宙全体の意識があるんだよ。』

 

「そうなんだ。わかったよ、じゃあ僕は、光になろう。

そして、君は闇。

きっと忘れてしまうけど、必ず君と僕は出会うことになっているんだね。

君と出会ったときは、精一杯、君を愛するよ。」

 

『うん、ありがとう。僕にとっても、

光である君はきっとまぶしすぎると思う。

それでも、光を恐れず、君を愛するよ』

 

「ありがとう。またね。」

 

『うん、ありがとう。またね。』

 

 

 


吉武大輔の最新のインスピレーションを受け取る方は、こちらのフォームへのご登録をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です