事上磨練


 

事上磨練とは、陽明学的考え方の一つである。

 

陽明学とは、「良知」を発揮し、心の在り方を学ぶことで

一元論的な観点から生きることを原則とした、実践的学問である。

 

事上磨練とは、特別な学びを通じて、自分を磨くことではなく

日々の生活や普段の人間関係、職場、家庭など、ありふれた物事を通じて

心を正す工夫と丁寧に生きる努力をすることで

本質(理)を学ぶことができる、という考え方である。

 

崇高な理論だけ分かっていても、

日々の生活のなかで実践できていなければ意味をなさない。

 

当たり前と思われる出来事にこそ、本質を見続けようとすることで

内なる理(良知)が発揮され、誰もが良知から生きることができる。

 

事上磨練を通じて、

「自分と民は一心同体である」という境地に至ったリーダーは

エゴや権威から脱却し、常に中庸にあり、謙虚な姿勢で、

誰かや何かに依存することなく、自らを民衆の鏡として磨き続けていくであろう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です