得たい結果を得るためにロールモデルを見つけて、徹底的にモデリングする。


 

ロールモデルとは、

自分自身が得たいと思っている結果を、既に得ている人のことをさします。

そして、モデリングとは、

分が体験学習していない事柄でも、

既にその成果を得ているロールモデルを完全に真似ることによって

学習効果を加速させ、ロールモデルの技能や経験を

短期間で自分のものにすることができる手法のことをさします。

今回は、このロールモデルとモデリングについてお話ししていきましょう。

 

 

ステップ1 学ぶには、真似ることから始めるといい 

 

学ぶとは、まねるが語源だと言われています。

子どもの成長過程をみてもわかるように、

まずは、親の真似をすることが成長の始まります。

 

大人になってからも、我流で何かを達成しようとするよりも

既に成功しているロールモデルとなる人を探し

モデリングを行うことで、効果性の高い成長曲線を描くことができます。

 

モデリングを行うためには、まず自分が理想とする状態を思い描くことから始め、

「あの人は、未来の自分だ」と直感的に思える人を徹底的に分析し、

そっくり真似をしてみることを始めてみましょう。

そのためには、その人と親密な関係になることが重要ですが

本当に最適なロールモデルだった場合、自分から近づいていけば、自然と縁が生まれていきます。

そして、私生活もともにできるほど近くにい続けることで

周りから「まるで○○さんそっくりだね」と言われるようになれば、モデリングの初期段階はほぼ完成です。

 

ステップ2 あえてその「型」を破る

 

ロールモデルとそっくりだと、自他ともに感じられるようになったら

次は、あえてその型を破るようなことをしてみてください。

これは武道における「守破離」という手法にもあるように、

基本を押さえた上で、自分独自のやり方や、より自分に合った手法を身につけるために

より高度で、発展的な技術や在り方を身につけることを指します。

 

多くの場合、モデリングをするとある程度の成果が出てきますが

躊躇なく、その型を破り、オリジナルを見出していくことで

より自分が自然体であり続けながら、さらなる向上を得ることができます。

 

 

ステップ3 自分を超える存在を育てる

 

そして、最後は独自に身につけた技術や教えを、

多くの人に伝え、広めていくことで、体系化をしていくことになります。

 

「学び」の最終段階は、「教えること」です。

 

自分以外の人が、その方法を実践できるように支援できる自分になれば、

学びのひとつのサイクルを終えたことになります。

最終的には、自分を超える存在を育てることができて初めて真の教育者となり、

あなた自身が、誰かからモデリングされるような存在になっていってください。