一緒に働く(生きる)、人を決めるときの基準


 

 

何をするか(what)でも

どこでするか(where)でも

いつするか(when)でも

なぜするのか(why)でもなく

どうやってするか(how)でも

【誰と生きるのか(who)】を大切にして生きていきたい。

 

だからこそ、誰と生きていきたいのか、という

自分なりの基準を持ち続けていきたい。

 

一人でできないことも、二人以上ならできるから。

 

 

(立場が平等な場合)

1.同じ方向を向き、目的/目標を共有できているか

2.生きていきたい世界観が一緒か

3.お互いに向き合って、本音でコミュニケーションできるか

4.別々の道でもいいことを理解しながら、一緒の道を選んでいるか

5.仕事でも、プライベートでも、じいちゃんばあちゃんになっても、付き合っていきたいか

 

(相手が上の立場の場合)

1.相手を成功させれば、自分も、相手も、世界もよくなるか

2.相手のダメなところを理解し、愛する/直言する覚悟はあるか

3.自分が給与をもらえずとも、逆にお金を払ってでも、相手と一緒にやりたいか

 

(自分が上の立場の場合)

1.生涯をかけて、相手の成長と幸せに貢献することを決めているか

2.相手の強み・弱みを理解し、適材適所を行っているか

3.相手が自分を裏切ったり、誹謗中傷を浴びせてきたとしても、愛すると決めているか

 

(ジョイントベンチャーを組む場合)

1.愛をベースにした自然な生き方をしていること

2.コミュニティや他者に貢献することに喜びを感じていること

3.専門性(圧倒的な商品力 or 集客力)を持っていること

 

(最終的に)

相手の為に、自分のすべてを投げ出せるかどうか

 

より体感したい方は、BOOKの中にある『星の商人』をご一読下さい。

サポーターや事務局として関わりたいという方に共有している資料はこちら

 

(吉武大輔が仕事を選ぶときの条件)

1.公私ともに、一生涯付き合っていきたいと思いあえる関係か

2.長期的なビジョンを共有でき、お互いの専門分野で活かしあい、尊敬しあえるか

3.仕事において、スピードを重要視できるか

4.場所や時間の制限を受けない仕事か

5.五方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし、地球よし、未来よし)か

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です