お金のワーク、お金との上手な付き合い方


 

お金についての概念を学んだら、このワークをしてみましょう。

5つのステップにまとめてみました。

 

お金は、自分自身の今の姿を、良くも悪くも表してくれます。

現状を謙虚に受け入れ、本来のあり方に訂正していきましょう。

 

【STEP1】お金の流れを見える化する

UNI16040516IMG_0017_TP_V

 

そもそも、お金に困っている人は、自分のお金を管理できていない場合が多いです。

お金に困っている、ということは、収入よりも支出が多いということですね。

あなたの毎月の収入はいくらですか?毎月どのくらい貯金していますか?

あなたの毎月の支出はいくらですか?先月は?先々月は?

何にいくら使いましたか?なぜ使いましたか?本当に必要でしたか?

これらに答えることができないとすれば、お金に困っている状況は自然なことだと思います。

 

例えるなら、

地図を持たず、食料も必要な装備も把握せず、ガイドもつけず、気分のまま冒険に出たあなたは、

道に迷い、食料も付き、必要な装備がなく苦労し、誰にも相談できず、

結局どうしたらいいかわからなくなるのです。

 

目に見える現実をきちんと把握せずに、

スピリチュアルや感情的な原因を探っても

それは、単なる現実逃避でしかありません。

まずは、この数ヶ月のお金の動きを見える化することから始めましょう。

そして、大前提として、「支出を減らし」「収入を増やす」こと。

「数字が苦手」とか、「仕事がしたくない」とか、「やる気が起きない」とか、

「好きなことだけしていたい」という方は、

それも生き方の一つなので、どうぞ自由な旅を続けてください。

きっちり、現実を作っていきたい人は、

STEP0を終えたら、STEP1を読み進めてください。

お金は、今の地球において、人生を面白くするためのルールなので

そのルールを無視して、生きることはできませんが、

ルールに縛られるのか、ルールを学んで自由に生きるのかは、選ぶことはできます。

 

【STEP2】「ない」という思い込みから、「ある」という再認識

 

お金がないということを言う人がよくいますが、本当でしょうか。

お財布の中に、一円も入っていませんか?通帳残高もゼロですか?

家には、家具も家電も何もありませんか?車や自転車も持っていませんか?

あなたが「ない」と勘違いしているのは、物質的なお金ではなく、

「自分や他者への信頼」です。

お金の概念を変えるのに必要なのは、「自分は愛されている、絶対に大丈夫」という根拠のない自信です。

お金の問題に見える問題は、「感情の問題」だということは既に伝えていますが、

まずは、自分の「過去からの思い込み」から離れるために、物理的に再認識してみましょう。

 

<ワーク1>

・あなたが持っている資産を確認して、リストを作ってみましょう。今まで、どんなことにお金を使ってきましたか?

・あなたの毎月の収入と支出を見える化してみましょう。黒字でしょうか、赤字でしょうか。原因は何でしょうか?

・いくら収入が欲しいですか?使い道は明確ですか?用途が貯金であれば、それは今のあなたには必要のないお金です。

 

【STEP3】感謝による手放し

 

ないと不安という状況から脱却するには、お金は巡るものだという原則を体験する必要があります。

そのために、「今のあなたに不必要なもの、古くなっているもの」を感謝とともに手放していきます。

本当に大切なものは、何度手放しても、必ず還ってきます。

あなた自身が実際に循環を体験することで、目には見えませんが確かに存在する循環を信頼できるようになります。

「有り難い」という感覚が、自分の中に芽生えてくればいい兆しです。

 

<ワーク2>

・部屋の整理整頓をしてください。整理とはいらないものを廃棄すること、整頓はあるものを整えることです。

・不安から手放すと不安が返ってくるので、感謝とともに手放す練習をしてください。

・最高の手放しは、「引越し」です。無理ない範囲で考えてみてください。

 

【STEP4】豊かさをうけとる器を準備する

 

豊かさを受け取るには、スペースを開けておく必要があります。

両手に荷物を持っていると、目の前に豊かさが通っても、受け取ることができませんね。

手放しが終わったら、どんな豊かさを受け取りたいのかを明確にしていきましょう。

そして、自分のところに豊かさがやってきたら、躊躇せずに感謝して受け取りましょう。

表面的な遠慮や謙虚さは、実は傲慢さなのです。相手を喜ばせる気持ちで、感謝して受け取りましょう。

あなたが一旦豊かさを受けとり、その豊かさを次の人に渡していけばいいのです。

 

<ワーク3>

・あなたは、何に執着しているのでしょうか。どうしたらそれを手放すことができますか?

・あなたにとって自然な収入の金額はいくらですか?根拠はありますか?動機は愛ですか?

・何に、いくら、いつまでに、なぜ必要なのかを答えることができますか?

(裏技は、高価な長財布を自分よりもお金持ちの人からプレゼントしてもらうことです。あんまり、こういう俗世のノウハウ的なのは言いたくないんじゃけど、効果あるから参考までに)

 

【STEP5】自分が欲しいものを、ひとに与える

 

この世界の原則の一つに、「与えたものが還ってくる」という原則があります。

欲しいものとその根拠と動機が明確であれば、それを今の自分に出来る範囲で誰かに与えることから始めてください。

与えると、何らかの形で、あなたに必要なものが返ってきます。

それらをジャッジせずに、愛から受け取り続けていくと、循環が大きくなります。

ここで試されるのは、自己価値です。自分には価値がないと思っている人は、受け取りができんからね。

価値がない人なんて、この世界に存在しませんよ。

 

<ワーク4>

・あなたが欲しいものは何ですか?その理由は明確ですか?

・あなたが欲しているものを、同じように欲している人たちはどんな人たちでしょうか。

・あなたが欲しているものを、既に持っている人たちはどんな人たちでしょうか。一緒にいる時間と空間を増やしましょう。

・寄付をしたことがない人は、少額でもいいので寄付をしてみましょう。

 

【STEP6】人が欲しているものを、与えられる自分になる

 

ステップ4に似ているようで、違うのがこのステップです。

相手が欲しているのものに気付き、それを提供できるあなたになると、

あなたには訪れる豊かさは、ほぼ無制限にやってくるようになります。

そして、相手が求めているものを与えることに喜びを感じることができるようになるとさらに、その循環は加速します。

最終的には、あなたと目の前の人が求めているものは、常に一つであることを思い出すでしょう。

 

<ワーク5>

・周りの人から頼まれることに、丁寧に応えていってみてください。無理はしなくて大丈夫です。

・どんな人たちから、どんなことを頼まれることが多いかをメモしておきましょう。

・人が欲しているものを与えれるようになるには、どんな専門性やスキルが必要でしょうか。

 

この6つのステップを、2-3ヶ月実験してみてください。

もし、変化があれば、連絡ください^^

 

ワークが進まない人は、もう一度、お金の記事を読みなおして、

周りの人とお金についてシェアしてみてくださいね。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です