ビジョン


 

ビジョンとは

自分たちがミッションに基づき活動を続けた結果

「実現する未来の理想像・世界観」を表す。

 

ビジョンを語るには、

「誰の為に」事業をするのか、という視点が欠かせない。

誰が、どのように変化するのか。

その「過程が物語」となり、「実現可能にする方法が価値」となる。

 

ビジョンを持っていないと、問題や課題に直面した時の

判断基準が不明確なため、誤った判断をしてしまう。

 

ビジョンとは、方向性であり、実現する予定の未来でもある。

それを信じることができるか、できないかが

事業や人生そのものの根底の信頼や安心に繋がる。

無条件に、自分が実現したい世界観を想い描いていこう。

そして、それらは、自分のミッションと繋がっているかを確認する。

 

あなたのビジョンは何ですか?と聴かれた時に

3分程度で、相手を魅了する物語を語れるだろうか。

また、相手に、「共感」と「感動」は生まれるだろうか。

 

ビジョンは、世の中の「必要性」とあなたが見出す「可能性」によって生まれる。

ビジョンをみた瞬間に、あなたはリーダーシップを発揮することになる。

 

何度も、語り、修正し、自分の真のビジョンを想い出していこう。

 

【ビジョンの5つの要素】

① どこに向かうのか(ゴール・目的地/方向性)
② 誰と向かうのか(チーム・世界観/独自性)
③ なんのために向かうのか(ミッション・目的/情熱)
④ いつまでに到着するのか(マイルストーン・目標/計画)
⑤ どのように向かうのか(コンセプト・価値観/戦略)

【WORK】

録音機を準備し、3分間、自分が語るビジョンを録音し、聞き直してみよう。

10年後、3年後、1年後、半年後、3ヶ月後、1ヶ月後のイメージを書き出してみよう

 

 


吉武大輔の最新のインスピレーションを受け取る方は、こちらのフォームへのご登録をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です