USP


 

USPとは、Unique Selling Proposition

日本語で言うと、「独自の売り」「あなたが選ばれる理由」と訳されます。

 

USPを策定するには、

1.誰に必要とされたいのかを明確にする

2.想定クライアントに対して、提供できる価値を大小関わらず書き出す

3.その中で最も価値のあるもので、他の人が提供できないものを選びだす

4.その価値に、タイトルと価格をつければ、USPを持つ商品ができます

 

本質的には、USPとは

「あなたが昔から得意で、自然とできてしまうこと」

「なぜか、周りから頼まれる、お願いされる、こういうイメージがあると言われること」

の二つをベースにすることが、USP策定の近道になります。

 

また、USPは、クライアントに伝わる適切な方法で表現しないと

宝の持ち腐れになってしまいます。

商品そのものではなく、そのUSPを通じて得ることのできる結果を提示していきましょう。

 

ビジネスに特化したUSPの作り方(問い)は、以下の通りです。

● お客様は、なぜあなたの会社を選んでいるのか?

● 競合他社・業界のトップ10を分析しているか?

● ライバルの強み・優れているポイントは何か?(3つ以上)

● 自社の強み・優れているポイントは何か?(3つ以上)

● 自社の弱点は何か?また、対応策は?(3つ以上)

● ライバルとの違い、差別化要因は何か?(3つ以上)

● ターゲット顧客層は、ライバルから何を購入しているのか?

● まだ満たされていない顧客の欲求は何か?どんなサービスがあると喜ぶか?

● 廃棄・撤退する商品・サービスがあるとしたら、何か?

● USPをさらに強化する(差別化)企画は何か?

● モデリング対象(業界内&業界外)は何か?(3つ以上)

●USPを社内に浸透させ、進化させていくための独自の教育システムはあるか?

●長期的な競争優位性を確保しているか

●他者が真似できない顧客との深い関係性を築いているか

 

 


吉武大輔の最新のインスピレーションを受け取る方は、こちらのフォームへのご登録をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です