神の教師


 

神の教師とは

誰もが奇跡を体験でき、誰もがそれを学ぶことができることを理解しており

自らが神の道具として、奇跡(愛)を生き続ける実践者である。

 

神の教師の機能は、人の心を変えることでも、教えや癒しを与えることでもない。

生徒たちと共に喜ぶにあり続けるだけである。

 

神の教師には、特定の生徒たちが割り当てられており、

教師が呼びかけに応えたなら、生徒たちはただちに彼を探し始める。

彼(神の教師)に学ぶ準備ができたとき、教える機会が彼のために用意される。

 

その際、多くの神の教師は、生徒から投影を受けるが

その生徒を愛することを通じて、神の教師としての真価を発揮し、

教師と生徒はともに”一つであったこと”を思い出すことで、お互いの課題をクリアしていく。

 

通常であれば、「教師が生徒を導く」ということが想像されるが、

実は、「生徒こそ、教師にとっての教師である」という真実に

気づくことができるかどうかで、教師と生徒が真の関係を思い出せるかが決まる。

 

神の教師の資格は、ただ一つ。

「自分の利害を、他者の利害から離れたものとは見なさない」

という意図的な選択をすることである。

 

愛とは、ひとつであること。

すべての人が誰かにとっての教師であり、生徒でもある。

 

※参考記事「サーバントリーダーシップ」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です