ターゲット


 

人生においても、事業においても

最も重要な問いは

「誰と共に生きるのか。」

「誰のために事業を行うのか。」

という、問いです。

 

やりたいことを仕事にするだけでは、

魂は向上されず、現実的にも豊かにはなりえません。

 

・誰に、貢献するのか

・どんな手段で貢献するのか

・どのくらいの期間で、どのような変化を提供するのか

・なぜ、あなたでなければならないのか

・なぜ、クライアントはあなたを選ぶのか

・誰を豊かにすれば、あなたも豊かになるのか

 

これらの問いが、事業や人生の指針となります。

 

事業において、顧客とは、単なる消費者ではなく

ともに事業を創造する「価値の共創者」であり

事業の過去と未来をつなげる「統合者」であり

事業者の心やあり方を表す「鏡」である。

 

「Re-member」

あなたが、何者であるかを想い出す為には

あなたは、誰と、どんな約束をしてきたのかを想い出す必要があります。

 

そして、スピリチュアルの観点から言うと、

あなたの魂が反応する人は、統合すべきもう一人のあなたであり

あなたの営みによって、あなたと相手を同時に癒していくことに繋がります。

 

【関連記事】自分を癒す

 

まとめると、

過去の自分をターゲットにしている場合は、

自分の癒し(統合)の為に、事業を行っているのであり、

本当の事業は、未来の自分をターゲットにした時に始まります。

 

 

真のターゲットが明確になったら、簡単な調査を行いましょう。

・ターゲットが読みそうな雑誌

・ターゲットがチェックしているHPやブログ

・ターゲットが好きなもの、嫌いなもの

などを調査することで、ニーズを理解することができます。

また、顧客には二種類の顧客が存在します。

『活動対象としての顧客は誰か?』(キャッシュをもたらしてくれる人)

『パートナーとしての顧客は誰か?』(キャッシュを共に生み出していく人)

 

貢献を通じて、クライアントと共に栄えていきましょう。

 

 


吉武大輔の最新のインスピレーションを受け取る方は、こちらのフォームへのご登録をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です