事業を始めたい人へ


 

「起業したいけど、何から始めたらいいか分からない」

という方には、以下の進め方をおすすめします。

 

起業を考えている人の落とし穴は

集客とか、マーケティングとか、どうやってビジネスをしようと

先に、頭で色々考えてしまうこと。

 

もし、資金や時間、気持ちに余裕があるのであれば

じっくり考えて始めるに越したことはないが

大抵の場合、切羽詰まって売上をあげないと生活ができない

ということが多いにあります。

 

 

そのような人たちに毎回伝えるのは

1.ゴールを設定する。人生においても事業においても終わりを思い描く

2.最高級商品をつくる

3.定価を決めて、モニター価格を決める

4.量稽古に入る。(100人(回)やるまでは、つべこべ言わない)

5.100回やったら、一人目に再アプローチする

6.最初の十人のうち、1/3以上がリピートしてくれるようになったら、準備完了。

⇒ そうでない場合、商品・サービスを返るか、もう百回やる。

 

量稽古とは、

ある分野で一流になるには、1万時間が必要だと言われており

飯が食べれるレベルになるには、2000時間が最低ボーダーになることが多く

1回2時間のサービスだとすると、約1000人(回)になり

実践を通じて、改善を加えていくことです。

 

量稽古を行う際は、ただがむしゃらに数をこなすのではなく

・有料であること。その際、定価を必ず決めておく(60分1万円以上が最低基準)

・期間を決めて、集中的に行う(最も有効的なのは、3ヶ月で100回)

・必ずアンケートを実施すること

・顧客リストを管理すること

・理想のゴール(数字目標、期限目標、感情的目標)を明確にして始める

が必須になります。

 

多くの場合、十数人に声をかけてみて、

断られた、評価がよくなかった、自信がないなどの理由で、

お客さんと接する時間より、

勉強に、無意識に逃げてしまうことがあります。

 

売上(粗利)は、100%お客さんから発生します。

ということは、お客さんとの接触頻度が落ちれば落ちるほど

売上が発生する可能性は下がる、ということです。

 

まずは、100人(回)やりきってみて、

「本当に、これから自分がどうしていきたいのか」

を確認することをおすすめします。

 

量稽古の目的は、

・自分の価値をあげる(できることの質と量を増やす)

・お客さんとの信頼関係を構築する

ことがあります。

 

自分の価値をあげるためには、

・一生涯続けていけるもの

・機械やAIに変わられることのないこと

・自分とお客さんの喜びが一致するもの

がオススメです。

 

そして、今一度、ミッションビジョンターゲット

三種の神器を確認してみましょう。

 

(参考記事)やりたいこと探しを卒業して、あなたを待っている人を探してください

 

 

また、本格的に事業を始めていこうと考えている人は、

以下のようなことを参考にしながら、

事業計画をつくっていきましょう。

 

 

 

【補足情報】

1.サマリー(誰に、何を、どうやって提供するのか)
→ 顧客の明確なイメージ像は描けているか
→ 商品・サービスの魅力を紹介できるか
→ 具体的な戦略は立案できているか

2.いつまでに、どんな結果を出すのか
→ ミッション、理念は明確か
→ ビジョン、世界観を語れるか
→ 具体的な中長期的目標はあるか

3.ブランドつくり
→ 顧客に響くネーミングか
→ 顧客とどんな関係性を築くのか
→ 顧客にとってどんな存在となるのか

4.商品つくり
→ 誰のどんな悩みを解決or望みを実現するのか
→ 中心となる感情は明確か
→ 既存事業の矛盾、超えられない壁は見えているか

5.マーケティングつくり
→ どうやって顧客と関係性をつくるのか
→ 初めましてから最高の状況になるまでのストーリーは語れるか
→ 最適なチャネルやツールは用意しているか

6.マーケット分析
→ どこで頭打ちになるのか
→ 横展開、周辺の市場の状況はどうか
→ No.1を目指せるか

7.ビジネスモデル
→ 既存の成功しているビジネスモデルでモデリングするものは何か
→ BMC(ビジネスモデルキャンパス)の活用
→ テスト用のプロトタイプはできているか

8.財務・会計
→ 数字の見える化はできているか
→ キャッシュフローの流れはスムーズか
→ 撤退ラインは決めているか

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です