悟りへのステップ


 

 

一.信頼(心即理) 【信じる】

天の存在を信じることからすべてが始まります。

見えない世界があるということを半信半疑でも信じ始めれば、

必要なシンクロニシティが始まります。

① テーマ:宇宙や真理は存在すると知る。
② 傾向:自分を信じることができない、他者を信じることができない。大いなる存在を信じれない。
③ 対策:日々の小さなシンクロや導きに気づく。

 

 

二.観察(致良知) 【委ねる】

今までの自分の生き方の延長線ではなく、

本来の新しい自分の生き方を模索し始めます。

目の前に来るものすべてにYESを出せば、流れ続けます。

① テーマ:観察することで、流れを読み解き、身を委ねる。抵抗しない。
② 傾向:過去の自分の選択・思考にとらわれる
③ 対策:小さな直感を信じ続け、行動しつづける。流れにのる。

 

 

三.放棄(謙虚さ) 【手放す】

真の自分を生きる為の小さな試練が現れます。

そこから、あらゆる自分の思い込みや解釈を手放すために、

人間関係を中心に、様々なドラマを起こし、そこから愛を体験していきます。

① テーマ:過去の思い込み、トラウマ、解釈や意味付けを手放す
② 傾向:小さなシンクロで満足してしまう。コンフォートゾーンから出ない。
③ 対策:自分で自分に制限をしない。痛みや抵抗感も受け入れる。両親との向き合いの機会。

 

 

四.葛藤(正直さ) 【満たす】

徹底的に自分を見つめ、自分を満たしていきます。

他者と自分の境界線がなくなり、ワンネスを感じる瞬間もあるかもしれません。

事業においては、自分の商品やサービスが明確になり始める時期でもあります。

① テーマ:シンプルに生きる。自分の喜びに素直になる。
② 傾向:複雑に考え過ぎている。外に答えを求める。何か状況が変わるのを待っている。
③ 対策:信頼して、自分がやりたいことをやる。成果は二の次。感情先行。

 

 

五.挑戦(知行合一) 【与える】

相手を癒して、自分が癒されるステージに入りました。

与えているようで、実は自分のことをしていることに気付きます。

損をしているようで、実は自分の徳を貯めているので、どんどん与え続けて下さい。

① テーマ:与えることが喜びだと感じれる状態である。場作りや機会づくりを始める。(プレイヤーからマネージャーへ)
② 傾向:一回、達成感を感じる。そのかわり、ちょっと疲れる。飽きる。
③ 対策:関わった人がよくなることで、自分の方向性に気付く。やりたくないことは、やりたいこと。

 

 

六.承認(一致感) 【成果が出ることを許可する】

自分が与えていることに喜びを感じ始めると、成果が自然と生まれ始めます。

その時に大切なのは、喜ぶこと。

謙虚さと喜びを同時に感じ、分かち合えるとその喜びはさらに広がっていきます。

① テーマ:自分が動かなくても成果がでることを許可する。=相手を通じて、自分の存在価値、尊さを受け入れる。
② 傾向:うまくいきすぎて、選択肢が増えすぎて、逆に迷う。一人の限界を感じる。人ともめる。特に、パートナーシップ。
③ 対策:今までの自分を振り返り、誉める。現実が変わるまで。精神が変わるまで。

 

 

七.覚醒(喜び) 【感謝する】

自分には必要なことしか起きていないということを自覚する時期。

あらゆる解釈や意味付けを手放し、ただただ与えられるものに感謝し続けること。

知覚を手放して、霊性のみから生きることで、自分を統合していく。

① テーマ:与えられた環境のなかで、自分と他との一致感を得ることで、貢献心、共感覚が高まり、最後の天への信頼が完了します。
② 傾向:あらゆることに感謝できるようになり、順調に物事が進んでいるが、最後の確信が持てない(一人では)
③ 対策:自分と相手の「間(場)」と共に生きていけるようになること。

 

 

八.調和(熟成) 【愛を循環させる】

世界と自分は一つであり、あらゆるものの境目がないことを悟ることで

自分がただ存在するだけで、この世界がよくなっていくことを実感していきます。

あなたがあなたを生きるだけで、世界は今日も優しい。

① テーマ:自分と天はひとつであると知り、それを一切疑わない。相手や世界は愛である。
② 傾向:確信を持っていきているが、こだわりがなくなる分、何に対してもokになる。
③ 対策:自らの意志により、天をも動かせることを体験する。相手の愛を見続ける。

 

 

 


吉武大輔の最新のインスピレーションを受け取る方は、こちらのフォームへのご登録をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です