マインドフルネス


 

 

マインドフルネスとは、マインドフルな状態に自分や他者を導くためのレッスンであり

マインドフルとは、”いまここ”に意識を置き、常に満たされて、意識(気付き)が活性化されている状態のことを指します。

 

“いま”とは、時間。自分が存在する意味や本質、天意を受けとること。

“ここ”とは、空間。自分だけが自分ではない、ということを悟ること。

“自分”とは、人間。天地を繋げる役割を持っていると、想い出すこと。

 

自分という概念を手放すと、時間と空間が一致します。

時間と空間を一致させる秘訣は、あらゆる「関係性」を大切にすることです。

 

マインドフルネスの導入で重要なのは、

「感じていること(感情)」と「考えていること(思考)」の違いを理解することから始まります。
【内的】<ーーーー>【外的】
感情 ⇔ 思考 ⇔ 言葉 ⇔ 行動

 

感じていることとは、正解や理屈のない本音です。

考えていることとは、何らかの答えや目的に自分を導こうとする行為です。

言葉とは、半物質化した思考です。

行動とは、あなたの習慣による無意識的行為です。

 

「考えていること(思考)」は、「言っていること(言葉)」になり、

「言っていること(言葉)」は、「やっていること(行動)」に繋がります。

そして、行動は、結果を生じ、反応を経て、あたらな感情を生み出します。

(反応の扱い方については、別の機会に扱います)

 

 

上記の四つを認識しなおし、再定義するワークはこちらです。

Q1.普段、感じている事は何ですか?(感覚の認知)

Q2.普段、考えている事は何ですか?(思考の認知)

Q3.普段、どんな言葉をよく使ってますか?(言葉の認知)

Q4.普段、どんな身体の使い方をしていますか?(身体の認知)

Q5.上記の4つは一致していますか?ずれていますか?

 

 

【マインドフルネスの五大要素】

一.認識  : 今、過去、未来、身体、頭、心を認識すること

二.気付き : 変化に気付くこと。感覚を磨くこと

三.承認  : 分からなくても信じること。信じると始まることを体験する。

四.実践  : 内なる感覚を、現実世界と一致させること

五.再定義 : 在りたい自分・他者・世界の状態を定義し直すこと

 

 

マインドフルネスな私たちを生きていきましょう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です