本当の直感と直観の意味


 

ステップ1 直感と直観の違い

PAK88_yorunogaitou20141115175751_TP_V

 

直感(inspiration)とは、感覚的に本質や道理・愛を感じとる力。

 

直観(intuition)とは、過去の経験に基づいた、即時的・論理的認識である。

 

集合意識や超意識と呼ばれる領域から「受けとる」のが、直感であり、

顕在意識・潜在意識から、即時に「読み解く」のが、直観である。

 

直感は受動的であり、直観は能動的だと言え、

直感には理由がなく、直観には理由が存在し、

直感には正解しかないが、直観には当たり外れが存在する。

 

多くの人が、

「なんとなく」や「ちょっかん」と言っているものの多くは、直観である場合が多い。

ちなみに、

直感は、認識(自分)を手放すことで質が高まり、

直観は、経験を積めば積むほど研ぎ澄まされる。

 

 ステップ2 直感の磨き方

kazuki_nijimuumi_TP_V

 

オススメの直感の磨き方としては、まず「直観」を徹底的に磨くこと。

そのためにまず、

自分の経験・ケーススタディを圧倒的に増やしながら

物事に共通する原理・原則に気づき、

自らが原則にしたがって生きる生き方を始めることである。

 

そうすると、どのような問題に直面したとしても、

「なぜ、その出来事が起きているのか、流れが滞っているのか」を

論理的に認識することができ、その感覚が極まり、ケーススタディが増えると

直観的に把握することができるようになる。

 

CHECK!!

ここで重要なのは、

直観という見えない世界のことを、

「行動」を通じて、見える世界で答え合わせすること。

見えない世界の答え合わせは、見える世界で行う。

 

降りてきた or 湧いてきたものを

必ず、一時的にメモをするようにしてください。

そうすると、その瞬間に意味がわからなくても

目の前の現実が、そのメッセージを補完&加速させてくれる

新たなメッセージを送ってくれていることに気づきます。

 

その過程を通じて、次の段階に訪れる

創造力(Imagination):物事の道筋を見出す力

を磨いていくことにつながっていきます。

霊性と現実を統合する力がなければ、

直感も直観も、単なる点でしかありません。

それらの点を結びつけ、線とし、面としていくのがImaginationです。

 

直感を受けとる力を磨き続けていく過程で、

ある日、まったく論理的な整合性が取れないのに

「なぜか、こうだ」と感じる感覚があるシチュエーションが増えるが、

これが、真の直感力の始まりである。

 

次に何が起きるのか、なぜそれが起きているのかを

自然と受け取れるようになったら、

自分の身の回りに起きる出来事へのジャッジメントを手放し、

直感が示した方へと、行動していくことで

自力から他力、使命から天命へと人生のシフトが始まります。

 

直感は、間に降りてくるので

普段から、間(スペース・ゆとり)を持った生き方をしていなければ

なかなか感じとることはできない。

 

また直感は、「問い」によって受けとりやすい状況をつくることができる。

目的やゴールを明確に持ち、そこに行きつくための質問を自分(天)に投げておけば、

ふとした「間」の瞬間に、その答えを受けとることができるため、

明確な目的や思いを持っておくことも、直感を受けとる重要な要素になる。

 

究極のアイデンティティミッションビジョンが不明確なまま、

直感だからといって生きていくと

地に足のつかないふわふわした生き方になってしまいます。

直感は、自分のものではないので、客観的に観察することが必要であり

その観察力を磨くと、直感と直観の両方を兼ね備えることができます。

 

ステップ3 まとめ

ILL151201133214_TP_V

 

① ミッションビジョンターゲットアイデンティティを明確にする

② 今の自分の課題を明確に認識し、状況を受け入れ、自分のエネルギーを常に満たす

③ 適切な問いを投げかけながら、行動によって経験値を積み続けること

(ここまでが大きく、直観。ただし、直感は直観を包括するものなので結果的には同じ)

④ ふとした瞬間に訪れる直感を100%信じて行動して、感覚と現実との一致を体験する

⑤ 高いエネルギーを相手に送ることが、自分の霊性を成長させる最上のことだと知る

を繰り返していくといいでしょう。

 

最終的には、自分の想いや信念を手放した先に

何かを追い求める感覚が目覚め、導かれる生き方が始まります。

そのためには、過去の自分から完璧に自由になることが求められます。

 

直感は、得ようと思っていつでも得れるものではないので、

再現性と具体性のある直観力を身につけていきましょう。

 

 オススメ

※このような生き方を目指す方には、グループコンサルが最適です。


吉武大輔の最新のインスピレーションを受け取る方は、こちらのフォームへのご登録をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です