吉武大輔 経歴


 

0歳(1986年)

1986年12月13日12時00分。病院の近くにあるカリヨンの鐘の音と共に山口県防府市に生まれる。優等生からヤンキーまで幅広い交友関係を持ち、人生を謳歌。両親に愛されて育ててもらったことに、本当に感謝。写真は、高校二年の時の秘蔵写真(笑)

吉武大輔_高校

 

 

18歳(2005年)大学時代

英語の教員になるため、神奈川大学外国語学部英語英文科に入学。センター試験当日の自己採点で、思ったほど点が取れておらず、一瞬浪人するか考えるも、「大学なんてどこに行っても同じだ」と、滑り止めの大学に入学したものの、東大、早稲田、慶応、一橋大学などの同年代の学生と出逢い、衝撃を受ける。環境によって選択肢や基準が変わることを実感し、自分が設定した殻から脱却するために、意欲的に大学外に出向くようになる。

 

 

19歳(2006年)大学時代

日本最大の学生団体AGEと出逢い、横浜学生の祭典のスタッフとして、横浜赤レンガ倉庫に2日間で2万人を動員することに成功。イベント終了後、ふと思い立ち、往復の航空券だけ予約、単身NYに10日間バックパッカーの旅に出る。St.Patrick’s Cathedralにて覚醒体験。帰国後、年間200冊以上の本を読みながら、経営者、政治家、社会起業家、ベストセラー作家、研修講師、活動家、学生、フリーターなど幅広い人たちと出逢い続けることで、人生観を広げる。大学は単位を取りにいくだけで、放課後は都内へ繰り出す、という生活が当たり前になる。

 

 

20〜21歳(2007〜2008年)大学時代

教員養成のゼミに入り、教育学、英語習得・教授法を専行。大学外に活動範囲を広げ、様々な勉強会やイベントに参加していた中で、とある起業スクールに通い、人生観がシフト、起業家を目指すようになる。この当時から、口コミで色んな人の相談に乗るようになり、多い日には、一日7-8人の人生相談に乗り始めたことで、相手を見るだけで、相手の感情や思考の癖、パターンなどを見抜く力が磨かれる。ただし、大学内では完全に浮いた存在になる笑。2008年、シェアハウスを開始。横浜から都内に引越。

 

 

22歳(2009年)大学時代

大学卒業直前、両親に頭を下げ、「25歳までに結果が出なければ、地元に戻って英語の教員になる」ことを約束し、大学卒業と同時にフリーターとなる。店長兼バーテンダーとして、仲間が立ち上げたバーで働きながら、学生時代から強みとしていた個人カウンセリングを本格的に始め、開始3ヶ月で予約が殺到するカウンセラーとなる。当時の写真、怪しさ満点(笑) でも、今考えてもこの時期は相当繋がっとったと想う。

吉武大輔

 

 

23歳(2010年)

大学卒業から1年後、2010年4月1日に個人事業主として独立。同年6月9日「LLP(有限責任事業組合) 无空 -muku-」を設立。代表就任。この頃から、ヒーリングやリーディングといった「スピリチュアル」と呼ばれる世界と起業・経営といった現実的な世界が一致しているのではないかという疑問を持ち始め、世界No.1マーケッター ジェイ・エイブラハムのマーケティングを学び始めたことをきっかけに、精神性と現実性の融合をテーマとした経営コンサルティングを開始、若手事業者の起業支援、マーケティングコンサルティングを開始。10月には、「自分らしさをブランドにする」をテーマとしたNatural Branding School創立。自身が講師を務めたマーケティングコースでは、受講生の約35%が半年以内に、月20万の売上を達成した。写真は、実家から車で15分の港から行ける島での一枚。島は猫が多いから好き。

吉武大輔

 

 

24歳(2011年)

作野裕樹氏より、ランチェスター戦略を原則とした、経営哲学を学び、これまでのコンサルティングノウハウをまとめた講座「弥栄」を発表。クライアントが殺到し、月収150万を突破するも達成感を感じることができなかったが、とあるクライアントが月商20万を達成した知らせを聴き、号泣。自身の役割が、リーダー育成、指導者たちの相談役、指南役であると自覚する。同時期に、吉田健吾がオープンした自然食の飲食店 十輪-towa- をサポートする目的で、十輪に隣接する物件でシェアハウスを開始。シェアハウスのビジネスモデルを活かし、固定費0の飲食店の仕組みつくりにも携わる。写真は、当時のリーダー飲み会。最高のメンバー。

Back Camera

 

 

25歳(2012年)

斎東亮完氏より、ドラッカー理論をベースにしたビジネスプロデュース論を学ぶことで、事業者の心(精神)と経営(現実)が密接に繋がっていることを再確認した結果、クライアントの成果も飛躍。また、阿部多江子氏より、九氣方位学を学び、「方位取り」と「運」について考察を深め、祐氣取りを活かした、シェアハウスの出展計画、自身の海外進出を設計する。なおこの時期、中国茶を中国から直接仕入れ、Chatea(チャティ)というブランドでネット販売も行う。8月31日、「コミュニティを通じて、ひとをつくる」を理念に株式会社 Communiy Consulting Japan 設立。代表取締役就任。「coco house 高円寺」Open。3ヶ月で満員御礼。写真は、亮完さんと亮完塾同期。

亮完塾

 

 

26歳(2013年)

コミュニティをつくる為のマーケティングを学ぶ研究会、CCLを発足。2年前から顧問をしていた個人事業主が月商200万を突破。林田明大氏より、帝王学の源流と言われ、幕末の志士たちにも影響を与えた、陽明学を学び始める。林田氏より依頼を受け、姚江の会 東京の事務局に就任。同年10月「coco house 方南町」Open。惣士郎さんの移住先、カミギン島に行ったのもこの年。12月13日「新しい今をつくる」を理念に、CI・経営戦略立案に特化したIMAGINE INC. 設立。最高経営責任者(CEO)就任。写真は、品川のタワーマンションに引越して、健太と隼人が遊びにきた時。

吉武大輔

 

 

27歳(2014年)

伊勢瑞祥氏より、陰陽五行学(四柱推命)を学び、「命」を中心とした人生設計、運命、相性、個性の活かし方、チームビルディング、マネジメントを始める。また、グループコンサルティングが反響を呼び、研修会社の立ち上げや、億を超える売上にも貢献する。東京、水戸、名古屋、沖縄、京都等でクラスが発足。1月「coco house Annex」、5月「coco house 東高円寺」Open。6月京都に移住し、晴耕雨読の生活を始める。10月「吉田庵」Open。写真は、山口県の大屋釜。理想の場所でした。

吉武大輔

 

 

28歳(2015年) 

伊藤研人、吉田健吾と共に、「人、自然、時代、世界を繋いで、和をつくる」を理念に、株式会社縁を1月23日に設立。着物や日本文化を通じて、日本人の覚醒を志す。介護福祉・訪問看護等への企業研修も本格的にスタートする傍ら、SBI大学院大学 経営管理研究科 アントレプレナー専攻に合格。経営者と大学院生の生活を両立させ、2年後にMBAを取得予定。6月に京都を離れ、地元山口県に帰郷。松下村塾リバースプロジェクトのメンバーに選出されたことをきっかけに、山口県を拠点に活動中。9月に、海外リトリートツアーや企業研修などを行うAlchemy Internationalの取締役に就任。いよいよ日本を飛び出し、世界で活動していく土台つくりが始まる年になりました。

吉武大輔

 

 

29歳(2016年)

20代最後の誕生日に、「天よ、20代最後の締めくくりにふさわしい一年にしたいと思っています。自分の持つすべてを、世界のために出し切る覚悟があります。どうぞ自由に使ってください。」とお願いしたところ、1月の時点で夏までの土日がすべて仕事で埋まり、2月の時点で平日もほぼ全てが埋まり、3月の時点で10月まで休みがないサイクルに入りました。この年は、年間で250回以上の講師活動を全国で行いました。数年分働いた気がします。あんまり、安易にお祈りするものではないなぁと思いました笑。グループコンサルもこの2年で30クラスを超え、年間250回を超える講師としての活動を体験しました。全国に仲間が増えたのと同時に、自分自身の在り方、そして役割を再確認した一年でした。

吉武大輔

 

 

30歳(2017年)

二年間通ったSBI大学院大学を卒業し、30歳にしてMBA(経営学修士)を取得すると同時に、U理論の訳者 由佐美加子氏との邂逅を通じて、”シャーマン=つながりをもたらす存在”としての自分自身の存在を再確認する。

吉武大輔 

 

 

過去のクライアント 一例

介護福祉施設、歯科医院、セレクトショップ、レンタルスペース、ECオーナー、不動産、飲食店、パン屋、女性支援団体、某大手住宅メーカー営業マン、ヒーリングサロンオーナー、銀行員、保険営業マン、病院院長、臨床心理士、大手総合電機メーカー&大手自動車メーカー責任者、看護士、外資系カフェマネージャー、会計士、アパレル店員、カメラマン、セラピスト、カウンセラー、コーチ、ヒーラー、チャネラー、風俗関係、スタイリスト、デザイナー、マッサージ師、ダンサー、セミナー講師、シェアハウス運営者、英会話講師、ピアノ教師、整体師、占い師、日本画家、ベストセラー作家 etc

 

 

吉武大輔への依頼は、こちらから