ドラマ


 

ドラマとは、

「過去であり、思考内で体系化された分離(恐れ)の寸劇」です。

 

ドラマは、主に、人間関係の中から生まれ

自分の中の分離感を周りに主張するために始まります。

 

call for loveの記事でもお話ししましたが、

人間のすべての行動は、愛を求めるがゆえのものであり

「人間の動機は100%愛」という原則に基づいています。

 

人は、愛を感じられない時に欠乏感を感じます。

そして、その欠乏感を埋めるために、

周りの人のエネルギーを奪うことで

自分のエネルギーを保とうとしますが、

奪ったものは奪われ、すぐに失われてしまい、

あなたに必要なシンクロも遠ざかってしまいます。

 

人は、自分が受けとれない感情や想いを、あえて否定することで

「自分は愛されていない、自分には価値がない、自分には〜〜〜」ということを

現実世界における出来事を通じて、主張しているとき(大抵、無意識な主張)

ドラマにハマっていると言えます。

 

自分が悲劇のヒロインを演じる為に、

周りの人にも必要な役割を演じてもらえるように

周りをコントロールしているのは、実はあなた自身。

 

「周りや相手がこうだから、私はこんな気持ちになるんだ、こんな反応をしてしまうんだ」

というのは、まさにドラマの典型です。

(これは、7つの習慣の「インサイドアウト」の原則を知ると理解できます)

 

ドラマという自演自作の寸劇は、

原作:あなた

脚本:あなた

監督:あなた

主演:あなた

友情出演:あなたを愛している人たち

です。

 

自らつくりだした幻想のなかで、孤立したあなたは、

周りのせいにすることで、自分の真実から目を背けます。

変化を恐れる人ほど、ドラマにはまります。

 

人を変え、場所を変え、タイミングを変え、

同じテーマに何度も向き合っているあなたがドラマから卒業するには

「ドラマにハマっていない人からのフィードバック」が必要になります。

 

 

また、以下のワークにも取り組んでみてください。

 

【ドラマから抜け出すワーク】

1.あなたは、どんな役を演じていますか?

2.相手や環境は、どんな役を演じてくれていますか?

3.どんなパターン化されたやりとりがありますか?

4.今のドラマのなかでは、何を題材(向き合うべきテーマ)にしていますか?

5.このドラマに、タイトルをつけるとしたら、どんなタイトルをつけますか?

6.あなたが何に気付き、何を受け取れば、ドラマは終わりますか?

 

 

ドラマを終え、真実のストーリー(物語)が始まると、

人生が、自力から他力へ。使命から天命へと移行します。

あなた自身の資質があらわれて、あなたの意志に関係なく

その資質を、他者や世界に対して使われていくという経験が始まるでしょう。

物語とは、天の意思とエネルギーを自分の内に受けとり、体験していくこと。に他なりません。

 

「あなた以上に、あなたのことを愛してくれる存在」が、あなたのドラマを終わらせてくれます。

また、

「自分を投げ打ってでも、愛している存在」がいれば、あなたはその人のドラマを終わらせることができます。

 

奇跡は常に二人以上。

 

あなたを、愛してくれている人は誰ですか?

あなたは、誰を愛していますか?

 

あなたは、誰に愛されたいですか?

 

 

※ドラマから抜け出す名著「聖なる予言」 (p.193-238)

 


吉武大輔の最新のインスピレーションを受け取る方は、こちらのフォームへのご登録をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です