CSR(Corporate Social Responsibility)企業の社会的責任


 

CSRという概念が議論され始めたのは

1923年に、O.Sheldonが社会や従業員に対する経営者の責任を

主張したことが始まりだと言われている。

 

自社の都合だけを考え、利益追求形の事業運営に対して

・自社の事業活動による社会や環境への影響

・顧客との長期的関係構築のための配慮

などを考える社会的責任を果たすことが、CSR活動である。

また、社会的関わりを重要視しながら行う広報・PR活動を

ソーシャルマーケティングと呼ぶ。

 

日本においては、2003年頃からCSRが注目され始め、

最近では、マイケル・E・ポーターにより、

CSV(Creating Shared Value)

企業が社会のニーズや問題を中心課題として取り組むことによって、

社会的価値と経済的価値を両立した、共通価値の創造という考え方が提唱されている。

 

これからの時代は

マーケティング3.0(人間性や社会性中心の考え方)により

世界をよりよい場所へと導く、次世代のビジネスが必要とされていく。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です