定義(現在地)を知ると、ゴール(目的地)への道が見える


ステップ1 自分の定義(現在地)を知ること

あなたは明確な定義を持っていますか?

曖昧な定義のまま生きていませんか?

 

このワークでは、自分の定義(現在地)を知ることをテーマにしていきます。

 

いきなりですが、

「あなたは幸せになりたいですか?」

もし、「はい」と答えたのであれば、次の質問に即答できますか?

 

「あなたにとって幸せとは何ですか?」

 

ここで明確な答えが出せた人は、明確な定義を持っていて

自分の現在地を認識できているということになります。

 

ですが、定義が不明確なまま、

「幸せになりたい」

「パートナーが欲しい」

「お金が欲しい」

「いい仕事に就きたい」

「なんかよくなりない」

などを言っているときは、曖昧な現実しか作ることができません。

曖昧な定義は曖昧な現実を、明確な定義は明確な現実をつくります

では、定義を具体的にするにはどうすればよいのでしょうか?

 

実は、とてもシンプルで、

「とは?」と聞いて、深堀りをしていくことです

 

ステップ2 深掘りしていく

N695_komorebitotaiyou_TP_V

例えば、「幸せ」を深掘りする場合、以下のように紙に書いていきます。

 

幸せ(とは?)

家族が笑顔でいること(とは?)

自分が笑顔でいること(とは?)

時間の余裕があること(とは?)

自分ですべてやろうとせずに頼ること(とは?)

旦那さんに子どもの送り迎えをお願いすること

 

といったように、今の自分の現在地から

具体的にできることを洗い出していくのが、このワークになります。

 

・仕事とは
・お金とは
・パートナーとは
・人生とは
・頼るとは
・甘えるとは
・信頼とは
・両親とは
・家族とは
・生きるとは
・未来とは

 

様々な自分の定義を明確にしていきましょう。

定義を書くときは、日付と名前を書いてメモを残しておくことをオススメします

数ヶ月後、数年後に見直すと、懐かしい財産になります。

 

ステップ3 自分を自分以上に愛してくれるパートナー

 

また、このワークは一人では完結しません。

自分を自分以上に愛してくれるパートナー

とは?と聞いてもらいながら深掘ると、

一人の時には気付けなかった定義に気づくことができます

 

また、一見ネガティブに見える定義も

人間の動機は100%愛という原則に沿ってみていくことで

まったく真逆に、未知の窓に封印していた真実に気づくことができます。

仲間とのシェアによって、さらに深い一致感を感じてみてください。

 

定義のワークのゴールは

・具体的な行動まで落とし込めたか

・自他ともに一致感があるか

です。

 

定義を明確にした後は、さらに

「には?」という問いで深堀をしてみましょう。

そうすることで、より具体的な行動や方法が見えてきます。

 

是非、定期的に取り組んでみてください。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です