ボトム・オブ・ザ・ピラミッド(BOP)ビジネス


 

ボトム・オブ・ザ・ピラミッド(BOP)ビジネス

 

・C・K・プラハード教授(ミシガン大学)が発表

・BOPとは1日2ドル以下で生活している人約27億人を対象にしたビジネス

・1日1ドル以下は世界で10億人。次の10億人市場とも言われている

・2000年国連「ミレニアム開発目標」が発表されてから話題を集めるようになった。

・BOPの人口は巨大であり、その市場をターゲットにした事業を展開することで、
企業は利益を手にしながら、世界の貧困撲滅に貢献できる。

・BOPビジネスが成功するには、貧困層の人々を「消費者」<「社会起業家」と捉える

・現地の人たちが、自活し、経済的に自立していくチャンスを切り拓いて行くことが重要

・企業の一方的な社会貢献では、本当に貢献したい相手にその価値が伝わらない可能性がある

・本業とかかわりのある分野で、本業で培った強みを活かし、顧客や取引先も巻き込んだ
活動をしてこそCSRは大きな影響力を持つことができる

 

現在、最も大きな市場であるアジアは

約30億人(人口の80%)、約3.5兆円のマーケット (市場の40%)であり、

続く、アフリカの約5億人(人口の70%)、4.3億ドル(市場の70%)と比較しても

アジアが大きな市場であること明白である。

 

産業別では、

水道(200億ドル)、情報通信(500億ドル)、保健医療(1580億ドル)、運輸(1790億ドル)

住宅(3320億ドル)、エネルギー(4330億ドル)、食品(2.9兆ドル/40億人分の支出に相当)と

食品関係が、圧倒的な市場規模を誇っている。

 

SBI大学院大学
企業の社会的責任論より

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です